J-YOGAについて

Art of YOGA

J-YOGAは、ゆがみのないバランスのとれた身体(美しい姿勢)、しなやかな柔軟性、
そして心身ともに備わっている力強さを健康の定義においたJapan YOGA Collegeのヨガです。

人は皆、永遠に健康でありたいと、考えています。
しかし、年齢とともに健康が損なわれたり、病や、怪我で、健康が損なわれていきます。

当校では、健康の定義を「今より少しでも動きやすい身体」と考え、初心者の方や高齢者、障害のある方からアスリートまで対応できるヨガを実践しています。
他では、学べない数多くのポーズのバリエーションと当校独自のストレッチ、そしてエクササイズ、J-YOGA リセット整体を駆使して、自信を持って、皆様にお教えできると確信しております。

また、卒業後の質問等にも迅速に対応できる体制を整えております。
当校の養成講座を終了された方がドイツやイラン、ベトナムなど、全国でレッスンをされています。

又、60代や70代の方々でも、インストラクターの資格を取得されておられます。
ヨガの経験のない方にも、必ずヨガのインストラクターとして、レッスンができるまで、責任をもって、講座を進めさせていただきます。

学長 山内英雄

J-YOGA FUTURE CLUB

当校では、ボランティア活動として、ベトナムに障害者施設を寄贈し、障害者のためのヨガを行っています。
留学生も受け入れ、高齢者や障害者の方のために、ベトナムでヨガのレッスンを行っています。
ラオス、カンボジアでは小学校の建設や識字教育への援助活動、国内では高齢者や障害者の方にヨガのレッスンを行っています。

活動内容

  1. 海外でのJ -YOGAを通じての健康造り(ヨガインストラクターの派遣)
  2. 海外での障害者のためのパーソナルヨガの普及 (パーソナルトレーナーの派遣)
  3. 海外からのヨガインストラクターの養成
  4. 海外での障害者施設の建設
  5. 海外での学校建設
  6. 海外でのヨガインストラクターへの資金援助
  7. 海外での諸施設への運営資金援助
  8. 識字教育奨学金
  9. 日本語教育奨学金

ジャパンヨガカレッジ ベトナム校

ジャパンヨガカレッジはベトナムのホーチミンにヨガ教室を開校しています。

講師:タン ビン(Thanh Binh) 

ベトナムのホーチミンで障害者センターの所長として、障害児教育に携わり、忙しい毎日を過ごしていました。
縁あり、ジャパンヨガカレッジの学長・山内英雄と出会い、ヨガの素晴らしさに魅了され、来日しヨガインストラクター養成講座を受講しました。
現在はベトナム校にて、障害者の方や、子供たちにヨガの指導をしています。
また、ヨガインストラクターの育成にも力をいれています。

このページの先頭へ